【Android裏ワザ】カメラで連写する方法をこっそり公開

こんにちは、モガです。

今日はAndroidのカメラ機能について取り上げます。

 

私はデジカメを持っていないので、

スマホのカメラをフル活用しています。

 

画素数もハイスペックな機種が多いですし、

自撮りもボタン1つで簡単に切り替えられます。

 

スマホで撮影した写真をSNSにアップすれば、

すぐに周りから反応がもらえますよね。

 

最近はインスタグラムにはまっていますが、

予期せぬ写真が拡散していくのはたまらないです(笑)

 

さて、今回は知ってる様で意外と知らない。

カメラ機能の裏ワザを紹介します。

【Android裏ワザ】カメラで連写する方法

スポンサードリンク

写真1枚だけ撮影すると、

ブレてしまう可能性もあります。

 

それにどこか表情がぎこちなかったりするので、

最低でも2枚写真を撮影するのが定番ですよね。

 

ただ2回に分けて撮影するのは面倒なので、

連写機能があれば色んな表情を楽しみながら撮影できます。

 

自分でも思っても見なかった表情で写っていたり、

連写はなかなか楽しめますよ。

 

ところがAndoridを買い始めたばかりの頃は、

どうやって連写すれば良いのかわかりませんでした。

Xperia x Performance メリット デメリット 買うべき 画像

ですが偶然押したボタンから、

連写方法に気づくことができました。

 

 

写真の撮影ボタンがありますよね?

これを長押ししてください。

 

しばらくすると連写が始まります。

 

たったこれだけ。

簡単ですよね?

 

長押しはほどほどに…

Android アプリ 削除 復活 画像

機種によって多少の違いはありますが、

基本的には撮影ボタンの長押しで連写できます。

 

ですが長押しは適度にストップしてください。

 

機種によっては恐るべき早さで、

何十枚も連写されてしまいます。

 

後で消すのが面倒なので、

長押しは適度な時間にとどめてくださいね。

 

連写後の写真の取扱いに注意!

 

さて、連写で撮影した写真は

他の写真と同じくアルバムに保存されます。

 

ただし注意が必要なのは、

連写して撮影した写真は以下の画像の様に、

1枚でまとめて表示されます。

※機種によって異なります

 

「20枚連写したから20枚の写真が表示される」

のではなく、20枚をまとめて1枚の写真として表示しているのです。

 

※下にある白の写真が連写したものです。

 

連写した写真の左下に、「四角」のマークがついていますよね?

これが連写したことを表しています。

 

試しに連写した写真を押すと、

以下の画像の様に表示されます。

 

真ん中やや下に「四角」のマークが表示されており、

このボタンを押すと、連写した写真を一度に見ることができます。

 

 

そして一番注意が必要なのが、「写真の削除」について。

連写した写真の場合、1枚の写真を削除するとすべての写真が削除されてしまうのです。

 

他の写真と同様に、アルバムから削除しようとすると、

以下の様な通知文が表示されます。

 

 

つまり1枚の写真を削除しようとすれば、

連写した他の写真も一緒に削除してしまうのです。

 

うっかり間違えてすべての写真を消してしまう人もいます。

注意が必要だと言えますね。

 

 

連写にオススメのアプリも紹介!

スポンサードリンク

ここまではスマホに最初から搭載されている

カメラ機能での連写について取り上げました。

 

ですが通常のカメラ機能だけでなく、

カメラアプリを使って連写することもできます。

 

個人的にオススメなのは『静かな超高速カメラ』というアプリ。

無料で利用でき、連写機能も非常に使いやすいです。

写真を加工して楽しむこともできるので、使い勝手は良いと思います。

 

通常のカメラ機能で物足りなさを感じた時には、

無料アプリを活用しても面白いと思いますよ。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【疑問に回答!】Androidのカメラにセルフタイマーはあるのか?

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が

⇒【Androidアプリ】カメラでパノラマ撮影するならこいつがオススメ!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ