Androidで充電がすぐなくなる!【バッテリーを長持ちさせる3つの方法】

こんにちは、モガです!

今日はAndroid端末のスマホについて取り上げます。

 

私もかれこれ5年以上Androidを使っていますが、

使い勝手が良いと個人的には感じています。

 

格安スマホもAndroid端末が多いですし、

選ぶ楽しさもありますよね。

私も一時期は格安スマホを使っていましたが、

速度制限が気にならないならオススメです。

 

私は速度制限が気になったのですぐに解約しましたが、

スマホの使い方によってはものすごい節約になりますね。

 

とはいえスマホ全般に言えるのが、

「困ったらネットを見た方が良い」ということ。

 

店舗に行けば人も多いのでストレスがたまる上に、

適切な解決策を提示してもらえないケースもあります。

 

ネットだと情報の信憑性に疑問符はつくものの、

調べた方法をいくつか実践していれば解決します。

 

スマホはリリーススパンが短くなっているので、

その都度最適な情報はネットで得た方が効率的ですね。

Androidで充電がすぐなくなる!

 

さて、私が最近困っていることの1つに、

「充電してもバッテリーがすぐなくなってしまうこと」があります。

 

スマホのバッテリー寿命は2年が目安と言われており、

キャリアで契約した場合、2年縛りが存在することも背景にあります。

 

私の場合は2年半〜3年使い続ければ、

バッテリーが半日もたなくなってしまうことがありました。

 

とはいえ最近の機種になればなるほど、

充電してもすぐバッテリーが減ってしまう感覚を抱いています。

 

この記事では私が実践した、そしてネットで調べて来た、

バッテリーの減りを抑える方法を3つ紹介します。

これを実践すれば、バッテリーも長持ちしますよ。

方法1:コマメに電源を切る

 

電源を頻繁に入れたり切ったりすると、

逆にバッテリーが減りやすくなるという意見もあります。

 

ですが注意が必要なのは、

スマホを動かしていなくても、

電源が付いていればその分だけバッテリーは消耗するのです。

 

使っていないのに機種が熱くなっていたり、

数時間後に画面をつけたら電池が減っているのは、

「常にスマホ内部が動き続けているから」です。

 

数時間使わないなと思ったタイミングでは、

勇気を持って電源を切ってスマホを休ませて下さい。

 

方法2:不要なアプリや写真は定期的に削除する

アクオスフォン スクリーンショット やり方 画像

スマホの使用データ容量が多いほど、

バッテリーの消費は早いと言われています。

 

不要なアプリや写真等のデータは削除して、

スマホに負荷がかからない状態を作ることが理想です。

 

これをやっておくと急なバグも防げますし、

トラブル対策にもなるのでオススメです。

 

方法3:同時に複数のページは開かない

Android フリーズ 電源が切れた 画像

ネット等のページを開いたままにすると、

維持するためにバッテリーを消費します。

 

ホームボタンを押して起動時の画面に戻り、

別の画面を開いている人は、複数のページを同時に開いた状態になっています。

 

複数のページを同時に開いているということは、

それだけ読み込み動作が行われているということ。

その分バッテリーも消費してしまうのです。

 

一度見たページは×ボタンで閉じておく。

ネットでもSNS等のアプリでも意識してください。

開いておくだけで、想像以上にバッテリーは消費しますよ。



このページの先頭へ