【格安スマホで頻発!】Androidのセルスタンバイ状態を解除する方法

こんにちは、モガです!

今日はAndroidのスマホについて取り上げます。

 

最近だと格安スマホもAndroid機種が多く、

機種変更を考えれば汎用性が広いな〜と感じています。

 

何より個人的には使い勝手も良いですし、

写真撮影で優秀なスマホが多い印象もあります。

 

そしてiPhoneでは弱い防水機能も、

Andoroidスマホでは装備している機種が多いですからね。

 

私もかれこれ5年以上はAndroidを使っていますが、

今後も間違いなく使っていくでしょう。

 

さて、このサイトではAndoridを使っていて、

気になる悩みの原因や解決策について取り上げます。

 

お店で聞こうにも待ち時間が長くかかります。

待ち時間が長いとイライラするので、

ネットで調べた方が早く解決することも多いんですよね。


Androidのセルスタンバイ状態を確認する方法

 

さて、今回取り上げるのは「セルスタンバイ」状態。

実はこれ、私達のスマホの寿命を縮める可能性があるのです。

 

特に格安スマホでは多いのですが、

セルスタンバイ状態になっていると、

バッテリーを異常に消費してしまうのです。

 

スマホにおいてバッテリー寿命は命。

1日もたずに充電が必要になって来ると、

いよいよ機種変更を考えなければならなくなります。

 

セルスタンバイ状態を確認する上では、

ホーム画面から「設定」→「バッテリー(電池)」とタップしてください。

 

いくつかボタンが表示されると思いますが、

「セルスタンバイ」や「スタンバイ状態」と書かれたボタン。

これをタップしてください。

 

ここでセルスタンバイ状態のバッテリー残量を確認できます。

Android セルスタンバイ 画像

多くのスマホがセルスタンバイ状態でバッテリーを消耗し、

それがスマホの寿命にまで影響を与えています。

Androidのセルスタンバイ状態を解除する方法

 

これを解除する方法としては、まずスマホ購入時です。

 

「セルスタンバイ問題がないスマホ」

これを店員さんに聞いて買うことです。

 

ただし店員さんの中でも正しい理解をしていない人もいますし、

買えるスマホが狭まってしまう懸念点はありますね。

次の解決策としてはポケットWifiを使用することです。

Wifi使用時はセルスタンバイ問題は起きません。

 

格安スマホの場合は速度制限にも好影響を与えるので、

個人的にはこれが一番オススメの方法です。

 

もしセルスタンバイ状態に悩んでいるなら、

いずれかの方法を試してみると良いと思われます。



コメントを残す

このページの先頭へ