Androidで内部ストレージがいっぱい(涙)すぐに空ける方法を公開!

こんにちは、モガです!

今日はandroidを使っていて一度は直面する悩み。

「内部ストレージ容量問題」を紹介します!

 

内部ストレージがいっぱい…

 

メールを読み込んだりアプリをインストールする際、

「内部ストレージが不足しています」と表示されること。

 

Androidを使う年数が長くなるほど、

頻繁に目にする言葉です。

 

内部ストレージがいっぱいであるために、

メールが読み込めなかったり、

アプリがインストールできなかったり…

 

日常の使用に支障をきたしてしまいます。

ストレージという言葉の意味は「貯蔵」

スマホ内部に様々なデータが貯蔵(蓄積)されてしまっている状況です。

 

ちなみに私のandroidでも以下の様に、

96%ストレージが埋まってしまっています。

 

 

そしてこの記事ではandroidで内部ストレージを空ける方法。

今すぐできるものから順に解説します。

androidの内部ストレージを空ける方法

 

まず即効性のある方法が、

「データの削除」です。

 

ストレージがいっぱいになっているということは、

それだけスマホ内でデータが蓄積されているということ。

 

写真や動画、漫画や音楽にアプリを削除すれば、

その分だけストレージが空になります。

 

これ、私もよく使う効果的な方法。

無意識の内にデータはたまるものなので、

削除を定期的にしてあげることでストレージの増加を防げます。

 

私の場合、よく使うアプリは消せないので、

大量の写真と不要なアプリを消すことで、

一時的にストレージを確保しています。

 

とはいえこの方法を実行しても、

ストレージの容量が一気に空くことはありません。

microSDカードへ移動する

 

一気にストレージ容量を空けたい場合、

別売りのmicroSDカードへ移動する方法があります。

 

スペックにも大きく左右されますが、

安ければ2000円いかないくらいで購入できるmicroSDカード。

 

写真や動画をmicroSDカードへ移動させたり、

保存先を最初からmicroSDカードへ設定することで、

内部ストレージがいっぱいになることを防げるのです。

 

またmicroSDカードへデータを保存すれば、

スマホが変わっても手軽にデータを移すことができ便利です。

※iPhoneは対象外です。

内部ストレージがいっぱいになった時は、

まずは不要なデータを片っ端から削除すること。

その上でmicroSDカードへデータを移すこと。

 

この2つを実行することで対処することができます。

 

microSDカードはお金がかかるものの、

データの削除であれば今すぐ取りかかれます。

さっそく実行してみてくださいね!

 

内部ストレージを大量に空ける裏技

そして実はここまで紹介した方法以外にも、

内部ストレージを大量に空ける方法があります。

 

それが「その他のファイル」の削除。

実はスマホを使えば使うほど、

「その他のファイル」が内部ストレージの大半を占める様になるのです。

 

どれだけ写真や動画、アプリ等を削除しても、

気づけば「その他のファイル」が多数を占め始める。

 

いずれは向き合わなければいけないテーマ。

それが「その他のファイル」です。

 

その他のファイルの削除方法について、

詳細を以下の記事でまとめました。

 

意外と知らない方も多いので、

合わせて読んでみて下さいね。

⇒【参考記事】Androidの容量の「その他のファイル」を削除する方法

 



コメントを残す

このページの先頭へ