【Android】ボイスレコーダーの保存先はここだ!

こんにちは、モガです!

今日はAndroidのボイスレコーダー機能について取り上げます。

 

どのスマホにも必ずといって良い程ついている

ボイス(音声)レコーダー(録音)機能。

会議や授業等の録音にも便利ですよね。

市販のボイスレコーダーほど高性能ではありませんが、

それでも後で聞き返すには十分すぎる性能。

 

アラームや写真・動画機能、

それにボイスレコーダーと、

スマホ1つで何でもできてしまいますね。

 

私も仕事でAndroidでボイスレコーダーを使っており、日々重宝しています。

ボイスレコーダーの保存先はどこ?

さて、ここで気になるのは

ボイスレコーダーで録音した音声の保存先。

 

録音できたは良いものの、

どこに保存されているのかがわからず、

後で再生できずに苦慮することもあります。

 

実際私も最初に使い始めたときは、

どこに保存されているのかわからず焦りました。

まずボイスレコーダーの画面を開いてください。

 

私のAndroidは以下の画面の様に、

「音声レコーダー」と表示されています。

そして画面を開いていただくと、

「録音ファイル」という様に、

これまで録音したファイルを確認できるボタンがあります。

ここが録音音声の保存先になります。

私のスマホでは上記の画面の様に表示されます。

保存されたファイルの名前は保存する際に決めたものですが、

この画面から変更することもできます。

 

ちなみに機種によっては

「ボイスレコーダー」や「音声レコーダー」という表記ではなく、

「ボイスメモ」という表記の場合もあります。

 

たとえ「ボイスメモ」という表記であっても、

今回お伝えしたのと同様の流れを踏んでいただければ大丈夫です。

不要な録音音声は削除!

 

そしてボイスレコーダーの音声も、

保存している限り容量は食います。

 

保存する音声がたまるほど、

内部ストレージがたまってしまい、

音声だけでなく写真や動画など、

あらゆるコンテンツが保存できなくなってしまいます。

 

私はスマホでメールを見るので、

内部ストレージがいっぱいになってしまうと、

新着メールも読み込めなくなってしまいます。

 

そのため、不要な音声は定期的に削除してください。

どうしても削除したくないという場合は、

保存先を外部SDカードに変更することで、

外部SDカードへまとめて保管することができます。

 

あるいはデータをメールでパソコン等に送信することでも、

スマホ以外に保存することもできますね。

 

ボイスレコーダーの保存ができない時の原因と解決策

ボイスレコーダーの音声の保存先を把握したものの、

そもそも保存できないトラブルが発生することもあります。

 

ボイスレコーダーが保存できないのには、

ちゃんと理由があります。

 

まず最初に考えられるのが「保存のし忘れ」

 

保存のボタンを押し忘れてしまったり、

保存作業の過程でホームボタンで画面を離れた場合、

音声データが保存できていないことはよくあります。

 

私も何度か経験済なのですが、

非常にショックが大きいので、

完全に保存するまで手を抜かないで下さいね。

次に考えられるのが「スマホの内部容量の不足」

音声データはもちろん、画像や動画やアプリなども、

保存するためには容量が必要です。

 

これを「内部ストレージ」と言いますが、

内部ストレージが100%に近づくほど、

データが保存できない現象が発生します。

具体的には、内部ストレージが90%を超えたら要注意!

音声を録音してもデータが保存できなくなることもあります。

録音時間が長くなるほどにリスクは高まります。

 

その場で不要なデータを削除できるスマホもありますが、

容量が足りずに保存できないで終わってしまう端末もあります。

 

時間を見つけて不要なデータを削除すること。

これは意識してくださいね。

ちなみに以下の記事では内部ストレージの削除方法を

画像つきで解説しています。

 

Huaweiのスマホを具体例に取り上げていますが、

他の端末でも基本的な流れは同じですので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

⇒Androidで内部ストレージがいっぱい(涙)すぐに空ける方法を公開!

 

その他ボイスレコーダーの不具合の原因と解決策

最後に、ボイスレコーダー使用時に

時々起こる不具合を紹介します。

 

まずは録音した音声を聞き返した時に、

声が小さくて聞き取りにくい現象。

 

スマホの機能によっても変わりますが、

そこまで高性能でない端末の場合、

周囲の雑音も拾ってしまうので、

結果的に声が小さくなってしまうのです。

これに関しては録音時にスマホを置く場所がポイント。

 

声が小さい人がいたら、

その人の近くにスマホを置くことで、

この現象は防ぐことができます。

 

「もう録音してしまった!」という場合は、

音量を大きくすることで何とか対応するしかありません…



このページの先頭へ