【疑問に回答】Androidの懐中電灯のつけ方・消し方解説!

こんにちは、モガです。

今日はAndroidについて取り上げます。

 

Androidはもちろん、

様々なスマホを使っていて、

「あれ?こんな便利な機能が着いていたのか!」

とビックリすることがあります。

 

ネットやSNS、そして写真や動画など、

普段使うシステムはどんどん覚えていくのに、

「何年も使っていて初めて知った」ということは、

結構あったりしますよね。

 

今回取り上げる懐中電灯(ライト)もその1つ。

私は3年以上Androidを使っていますが、

使い始めて2年後にその存在を知りました。

 

ベッドの下など暗い所を、

これまではスマホの画面をつけて照らしていました。

 

でも懐中電灯が使えれば、

より明るく、そして便利に暗い所を照らせます。

 

この記事では懐中電灯の付け方・消し方を紹介します!

懐中電灯の付け方

まずは懐中電灯の付け方。

Androidの端末によって細かい所は異なりますが、

大まかには以下の手順を踏めば大丈夫です。

 

まずトップ画面に「ツール」というボタンがある場合。

ここを押してください。

 

すると以下の画面の様に、

「懐中電灯」と表示されています。

このボタンを押すことで、懐中電灯が使えます。

 

※「普通にあるじゃん!」と思うかもしれませんが、

使わなければ意外と気づかないのです…

 

ですが「ツール」ボタンがトップ画面にない端末もあると思います。

 

その場合はトップ画面を上から下にスワイプしてください。

※上から下に指を降ろしてください。

 

すると通知の一覧が表示されますが、

もう一度画面を上から下にスワイプしてください。

 

するとメニューの一覧が現れます。

これを「クイック設定」と言います。

 

この一覧の中に懐中電灯というボタンがあるので、

これをクリックすれば懐中電灯がつきます。

 

なおいずれのケースでも、

懐中電灯のことを「ライト」と表記している端末もあります。

懐中電灯の消し方

そして非常に大事なのが懐中電灯の消し方。

端末によっては、一度つけた懐中電灯が自動で消えないケースもあります。

 

付けたままでスマホの画面を閉じても、

懐中電灯だけは付き続けている。

 

これでは電池をムダに消費してしまいますよね。

 

懐中電灯は意外と電池を消費するので、

コマメに消すことが大切になって来ます。

 

懐中電灯の消し方は非常に簡単。

付けたときと同じ動作をすれば完了です。

 

もう一度懐中電灯のボタンを押せば、

明かりが消えてくれます。

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Androidでアイコンを隠す!】誰からもバレない非表示設定の方法

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのイヤホンジャックが故障した【0円で自力で修理する方法】

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】おやすみモードが実は存在した!

⇒Xperia x Performanceは買うべきか?メリットとデメリットを比較

⇒Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が


コメントを残す

このページの先頭へ