Androidでタッチパネルが反応しない!【原因と解決策を公開】

こんにちは、モガです。

今日はAndroidのタッチパネルが反応しない不具合を取り上げます。

 

「タッチパネルが反応しない」

もはやスマホを使えないですよね…

 

ですがこの現象。

スマホを使っている期間が長い程、

よく見られる現象なのです。

 

私も一時期頻発したので、

「何とか解決策を考えなければ…」と

試行錯誤を繰り返していました。

 

この記事では過去に私が試して、

実際に効果のあった方法のみを紹介します。

Androidでタッチパネルが反応しない原因と解決策

 

まずよくあるのが、

「スマホ自体が重くなっていること」です。

 

スマホが重くなり固まってしまったことで、

タッチパネルが反応しなくなってしまったのです。

 

…ただこの現象はタッチパネルというよりも、

スマホが固まって画面が動かない、といった方が正確かもしれませんね。

 

これに関する原因はいくつも考えられます。

よくあるのが「スマホを何日も付けっぱなしにしていること」

 

スマホだって電子機器なので、

何日も電源を切らないと重くなってしまいます。

これはパソコンも同じですよね。

 

夜はアラームで使ったりと、

スマホの電源自体を落とさないことも増え、

必然的にスマホへ負荷をかけているのです。

 

そのため、一度電源を落としてみると、

何事もなかったかの様にタッチパネルが反応し始めます。

 

なお電源を切る動作も反応しない場合は、

電源ボタンを長押しし続けてください。

強制終了されます。

一度に複数のページを開いている

 

ページを閉じるのではなく、

ホームボタンを押して次のページを開けば、

同時に複数のページを開くことになります。

 

その分だけスマホに負荷がかかり、

ある時スマホが固まってしまうことがあるのです。

 

あるいはアプリを起動させたままにしていたり、

ダウンロード中だったりすると、

タッチパネルが反応しないこともあるのです。

 

開いているページを閉じることで、

タッチパネルも反応する様になります。

またこれと似ているのですが、

内部ストレージが100%に近づいていると、

スマホが固まりやすくなってしまいます。

 

写真が動画、アプリなど

不要なデータはこまめに削除する様にしてくださいね。

 

あなたの指が乾燥しているかも?

 

 

指が乾燥しすぎていると、

タッチパネルが反応しないこともあります。

 

タッチパネルを静電気を通して操作しているので、

乾燥しすぎていると上手く反応しない現象が起こるのです。

 

この場合は指を軽く濡らして水分を含ませて下さい。

 

これと似た現象としては、

スマホに保護フィルムを付けている場合。

保護フィルムによっては上手く反応しないものもあります。

 

保護フィルムを外して試してみたり、

別の保護フィルムを使うことで解決することが多いです。

 

またスマホの画面が汚れていたり、

指紋の跡が残っている場合、

上手く反応しないこともあるのです。

スマホの画面を拭き取ることも合わせて試してみて下さい。

ここまでの方法を使ってもダメな場合、

ショップへ相談に行くことを検討してください。

 

ただ、基本的にはここまでの方法で上手くいくはずです。

まずはすべて試してみてくださいね。



コメントを残す

このページの先頭へ