Androidで液晶が割れた!【その後の対応をタイプ別に解説】

こんにちは、モガです。

今日はAndroidの液晶が割れたケースを取り上げます。

 

Androidスマホを使っていて

液晶が割れしまうこと。

あるいは液晶が割れたスマホを使っている人を見たこと。

 

1度はあると思います。

 

液晶が割れてもスマホ自体は使えることもありますし、

タッチパネルが一切反応しなくなってしまうこともあります。

 

この記事ではAndoroidで液晶が割れた時に、

その後の対応をどうすれば良いのか、解説します。

 

ちなみに液晶が割れたというよりも、

小さなヒビ程度であれば、

対策はこちらの記事で解説しています。

合わせて読んでみて下さいね。

液晶が割れた後の対策を紹介

まず絶対にやっていただきたいのが、

「データのバックアップをとること」です。

 

液晶が割れてまだスマホが使えるなら、

一刻も早くバックアップだけはとってください。

 

液晶が割れたことで、

スマホ内部にも損傷が見られることもあります。

 

割れた瞬間は問題なく使えても、

しばらくするとスマホが反応しなくなってしまうケース。

これは結構あります。

修理に出す

気にならない程度の割れなら良いですが、

損傷具合がひどい場合は修理に出すことをオススメします。

 

本体への損傷があるかもしれませんし、

割れた画面を触り続けるのも危険ですからね。

 

修理に出す上ではまず

契約しているキャリアに相談するのが一番。

店頭のショップへ行きどのような手順で修理できるかを確認してください。

 

 

ここでポイントになって来るのが、

スマホの契約時に保証プランに加入しているかどうか。

 

保証プランに加入していた場合、

修理費用が通常よりも減額されることが多いです。

 

ですが保証プランには行っていない場合、

全額自己負担での修理を強いられるかもしれません。

 

この差は非常に大きいですよね。

 

 

そしてショップへ行く際は、

「修理ありき」で相談しないことも大切です。

 

修理にかかる費用を聞いて、

買い替えた方がお得ならば買い替えてしまうのも1つの手です。

 

なおSIMフリーのスマホの場合、

保証プランが用紙されていない場合がほとんどです。

この場合は基本的に全額自己負担になってしまいます。

 

メーカーへ問い合わせて修理の流れを聞きながら、

最適な方法をとる様にしてくださいね。

 

割れたスマホが高値で売れることも

 

 

なお割れたスマホが高値で売れることもあります。

もしスマホの買い取りを検討している場合は、

業者に査定を依頼してみるのも良いと思います。

 

 

ということで、液晶が割れた場合の対応について紹介しました。

 

バックアップを必ずとった上で、

その後にどんな対応をするのかは自分の好みで決めて下さい。

 

修理に出すのもアリですが、

思い切って買い替えてしまうのも1つの手だと思います。

 

またスマホは衝撃を加えると液晶が割れやすいので、

保護フィルムをつける等、割れない予防策をとるのもオススメです。

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Androidでアイコンを隠す!】誰からもバレない非表示設定の方法

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのイヤホンジャックが故障した【0円で自力で修理する方法】

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】おやすみモードが実は存在した!

⇒Xperia x Performanceは買うべきか?メリットとデメリットを比較

⇒Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が


コメントを残す

このページの先頭へ