【これで解決!】Androidのタスクマネージャーの開き方

こんにちは、モガです。

今日はAndroidのタスクマネージャーについて取り上げます。

 

スマホを購入してから、

わからない機能や言葉があっても、

何となく使いこなすことはできてしまいますよね。

 

後になって機能や使い方を知り、

「そんな便利だったの!?」と驚いたこと。

 

私も既に3年以上Androidを使っていますが、

1度や2度ではありません。

 

今回取り上げるタスクマネージャーもその1つ。

タスクマネージャーという言葉すら知りませんでした。

タスクマネージャーとは何か?

スマホ内部の点検(メンテナンス)を行うためのソフト。

それが「タスクマネージャー」です。

 

スマホだけでなくパソコンでも搭載され、

私達の見えない所でパソコンのメンテナンスをしてくれています。

 

スマホやパソコンを故障なく使う上で、

欠かすことのできないソフトの1つと言えます。

 

 

例えば私達が普段使うアプリ。

終了したと思っていても

アプリだけは動き続けていることがあります。

 

これではバッテリーを余計に消費したり、

スマホの不具合発生の遠因ともなりますが、

タスクマネージャーは自動的にアプリを終了してくれるのです。

 

まさに「見えない所で活躍するソフト」と言えますね。

タスクマネージャーの開き方

機種によって異なるのですが、

タスクマネージャーが初期搭載されている機種もあります。

 

この場合は特に何かを操作しなくても、

自動的にタスクマネージャーがメンテナンスをしてくれています。

 

あるいはタスクマネージャーというボタンがあれば、

「実行中のアプリケーションを終了」というボタンを押すことで、

メンテナンスを行ってくれます。

 

そしてタスクマネージャーが初期搭載されていない場合、

タスクマネージャー系のアプリをダウンロードする必要があります。

 

私もオススメですし、

多くの方がオススメしているのが、

「高速タスクマネージャー」というアプリ。

無料で使えるのも良い所です。

 

広告が誇大なのがマイナス要素ですが、

無料で使えるので目をつぶって良いと思います。

※高速タスクマネージャーのダウンロードはこちら

 

面倒なことはしたくないあなたへ!

 

 

ここまで色々紹介しましたが、

「何だかよくわからず面倒だ!」と感じたら、

スマホの電源を定期的に切ることをオススメします。

 

アラームで利用したりと、

スマホの電源を切らずに何日も使い続けてしまうケースが増えています。

 

スマホの電源を切ってしまえば、

終了できていないアプリも自動(強制)的に終了できますよね。

 

もちろん強制終了の形にはなってしまうので、

スマホに多少の負荷はかかってしまいますが、

そこまで気にするレベルではないと思います。

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Androidでアイコンを隠す!】誰からもバレない非表示設定の方法

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのイヤホンジャックが故障した【0円で自力で修理する方法】

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】おやすみモードが実は存在した!

⇒Xperia x Performanceは買うべきか?メリットとデメリットを比較

⇒Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が


コメントを残す

このページの先頭へ