【Android】アプリのダウンロードが遅い原因と解決策を公開!

こんにちは、モガです!

今日はAndroidのアプリのダウンロードについて取り上げます。

 

スマホを使っていれば、

ほぼ間違いなくアプリを使うでしょう。

 

購入時に搭載されているアプリもあれば、

購入後にPlayストアでダウンロードするアプリもあります。

 

 

無料・有料さまざまなアプリがあるとはいえ、

ダウンロード(インストール)することで、

初めてアプリを使える様になるのです。

 

LINEやfacebook、Twitterも、

必ずダウンロードをしているはずです。

 

ダウンロードしすぎるとスマホが重くなりますが、

好みのアプリをダウンロードすることは、

スマホを楽しむ上で必須と言えますね。

アプリのダウンロードが遅い!

 

ところが何度もアプリをダウンロードしていると、

ダウンロードが異常に遅いこともありますよね。

 

時にはダウンロード中に固まっている様なこともあり、

途中でダウンロードを断念したこともあります。

 

1度や2度であればまだ良いのですが、

何度も頻発して起こるとさすがにイライラしますよね。

 

「ダウンロードが遅い原因はないか?」

「どうすればこの現象は解決するのか?」

 

この記事では実際に私が試して効果があった方法をお伝えします。

ダウンロードが遅い原因と解決策

 

まず考えられるのが回線の混雑。

特に夜は多くの人がスマホを使うので、

必然的に回線が混雑しやすいのです。

 

回線が混雑するということは、

その分だけダウンロードに時間がかかるということです。

 

解決策としては、混雑する時間帯を避けること。

具体的には朝やお昼のダウンロードがオススメです。

あるいはWifiに接続しながらダウンロードすることもオススメです。

そして次に考えられるのが、

スマホの速度制限に引っかかっている場合。

これは特に格安スマホユーザーに起こりやすい現象です。

 

一定以上の通信量を使用すると、

スマホの速度制限に引っかかってしまうのです。

 

ネットも読み込みが非常に遅く、

SNSもなかなか反映されない。

もはやスマホが使えなくなったと言っても良いでしょう。

速度制限に引っかかっている場合は、

アプリのダウンロードが遅いばかりか、

何時間待ってもダウンロードが完了しません。

 

解決策は速度制限が終わるまで待つこと。

あるいはWifiに接続することで、

速度制限の影響を受けずにダウンロードできます。

 

スマホ自体が重いかも

 

 

最後に紹介する原因は、

あなたのスマホが重くなっていることです。

 

例えば何日も電源を付けっぱなしにしていれば、

当然ですがスマホの動作は遅くなってしまいます。

 

あるいは内部ストレージが100%に近いと、

それだけスマホは重くなってしまいます。

 

スマホが重いとアプリのダウンロードだけでなく、

他のすべての動作に悪影響が出てしまいます。

 

電源を定期的に切ってあげたり、

不要なデータは削除すること。

これをしてあげるだけで、

アプリのダウンロードもスムーズに進むでしょう。



コメントを残す

このページの先頭へ