Androidのアイコンが消えた!【原因と解決策】

こんにちは、モガです。

今日はAndroidの不具合について取り上げます。

 

私はもう3年以上Androidを使っていますが、

長く使っているほど様々なトラブルを経験します。

 

その度にショップへ行っていては、

待ち時間も長いので非常に面倒ですよね。

 

「自力で解決できる方法はないか?」と、

ネット等を駆使して解決策を探し、

自分のスマホでできるかどうかを当てはめ続けていました。

 

このサイトでは実際に私が試してみた、

トラブルの解決策を紹介しています。

 

今回はアイコンが消えるトラブルについてです。

Androidのアイコンが消えた!

 

ホーム画面に表示されているアイコン。

このアイコンを押すことで、

該当のページに飛ぶことができます。

 

ところが突然、アイコンの一部が消えてしまうことがあります。

 

あるいは自分でうっかり間違えて、

アイコンを消してしまう(削除してしまう)こともありますよね。

 

この記事ではパターンごとに、

消えたアイコンの復活方法をお伝えします。

自分でアイコンを消してしまった場合

 

まずはうっかり自分で

アイコンを削除してしまった場合。

 

LINEやFacebookなど、

SNSのアイコンだと焦りますよね。

 

この場合の復活方法は簡単。

Playストアへ行きもう一度、同じアプリをダウンロードしてください。

 

ダウンロードする前のデータですが、

ほとんどのアプリでは消えずに残っています。

 

何度でも同じアプリはダウンロードできるので、

これについては安心してください。

 

アイコンが勝手に消えてしまった場合

まず考えられるのは、

ホーム画面の見えない場所に隠れてしまったケース。

 

ホーム画面を横にスワイプすると、

画面が移動しますよね。

 

この画面はアイコンがある分だけ移動します。

極端なケースだとアイコンが1個しか画面になくても、

新たな画面(ページ)が作られてしまうのです。

 

うっかりアイコンを別のページに移してしまった。

しかもアイコンは1つしかない。

 

こんなケースだと、

「アイコンが消えた…」と誤解してしまうこともあります。

 

ホーム画面を横にスワイプしながら、

本当に消えたかどうかを改めて確認してみてください。

そしてこれ意外の原因で消えた場合は、

スマホ内部の不具合が考えられます。

 

何日も電源を付けたままにしていたり、

内部ストレージがいっぱいになっていると、

様々な所で不具合が起こりやすくなります。

 

急に画面が固まったり消えたり、

アイコンが消えたりすることもあります。

 

この場合、電源を切ったり

不要なデータを削除する等して、

不具合の原因を取り除いていく必要があります。

 

ここまでの内容で解決しない場合は、

スマホが故障している可能性もあります。

ここまで来て初めて、ショップへ行くかを検討してみてください。



コメントを残す

このページの先頭へ