【疑問に回答!】smsが送れない原因と解決策を公開!

こんにちは、モガです。

今日はAndroidのsms(ショートメッセージ)について取り上げます。

 

ガラケーの頃も例えばcメールの様に、

smsの機能は存在していました。

 

今でこそLINEやMessengerが普及し、

そちらが主流となりつつありますが、

用件だけを簡潔に伝えたい場合は、

私は今もsmsを使っています。

 

仕事等で堅苦しい関係性の場合は、

LINEだと逆にライトになりすぎてしまうので、

人と状況によってsmsとSNSを使い分けています。

 

今のスマホにsmsが備わっているのも、

一定のニーズがあるからと言えますよね。

smsが送れない原因と解決策

 

ですがsmsを使っていると、

時おり相手にメッセージを送れないことがあります。

 

機種によって異なりますが、

送信が完了すると「チェックマーク」が表示されることがあります。

 

このマークが表示されていないということは、

送信に失敗したことを表しています。

 

送信に失敗しても画面上にメッセージが残り続けるので、

うっかり送信できたと勘違いしてしまうケースもありますよね。

smsの送信ができない原因。

まず考えられるのは文字数制限を越えていないかどうかです。

 

全角だと70文字。

半角だと140文字が、

一度に送信できる文字数の上限です。

 

この文字数を越えている場合は、

2通に分けて送る等の対応が必要です。

 

また画像を添付して送信する場合、

画像1枚につき多くの文字数を消費します。

 

20文字近くを一気に消費してしまうので、

画像を送信したい時には分けて送信する等の工夫が必要です。

次に考えられる原因は、機内モードにしていることです。

 

機内モードにするとバッテリーの消費を抑えられ、

非常に便利な側面もあるのですが、

通信は完全に遮断されてしまいます。

 

そのためsmsはもちろん、

SNSやメールの送受信もできなくなります。

 

解決策としては機内モードを解除することです。

通信量の上限をオーバーしていないか?

 

特に格安スマホユーザーに多いのですが、

通信量の上限をオーバーしてしまうと、

ネットがつながりにくくなったり

SNSの読み込みが遅くなってしまいます。

 

その影響を受けて、

smsも送信まで時間がかかったり、

そもそも送れなかったりしてしまうのです。

解決策としては速度制限の解除を待つこと。

あるいはwifiに接続することです。

 

実はwifiに接続している間は、

速度制限の影響を受けないのです。

 

基本的にはここまで紹介した原因になりますが、

これ以外の場合はスマホの端末に不具合が発生しているかもしれません。

ショップで相談に行くことも選択肢の1つです。



コメントを残す

このページの先頭へ