Androidのアラーム音量を上げ下げする方法を解説!

こんにちは、モガです。

今日はandroidのアラーム機能について取り上げます。

 

スマホ1つで目覚まし時計の代わりになる。

しかも1台に何十個ものアラームがついている。

 

スマホを使っていれば、

アラームとして使わない手はないですよね。

 

アラーム音を変えることもできますし、

スヌーズ設定にすれば何度も鳴り続けてくれます。

 

使い過ぎると電池を消耗するので、

あまり多く設定するのはオススメできませんが、

朝寝坊のリスクを減らすことはできますよね。

 

今回の記事では、

アラームの音量を上げ下げする(調節する)方法を解説します。

アラームの音量を調節する方法

スポンサードリンク

アラームがあまりにうるさすぎると、

周りに迷惑をかけてしまうかもしれない。

 

あるいは音量が小さすぎると

そもそも起きることができないかもしれない。

 

アラームの音量を調節することは、

非常に大切だと言えます。

 

アラームの音量を上げ下げする方法。

これは非常に簡単です。

 

まずはホーム画面から「設定」ボタンを押して下さい。

 

その後、「音」というボタンを押し、

その後の画面に表示される「音量」というボタンを押して下さい。

※機種によってはいきなり「音量」ボタンが表示されることもあります。

 

このボタンを押した先で、

様々な音量を変更することができます。

 

アラームの音量も変更できるので、

最適な音量に調節してみてくださいね。

 

基本的には設定ボタンからの変更をオススメしますが、

機種によってはアラーム設定時に

音量も変更できたりします。

アラーム音を消す方法

スポンサードリンク

ちなみにアラーム音を消すためには、

アラームを個別にオフにすることをオススメします。

 

スヌーズ設定している場合は、

アラームをオフにせずに

スマホをサイレントモードにすることで

音が出ない様にしている人もいます。

 

確かにアラーム音は鳴らないのですが、

アラーム自体をオフにしていないので、

スヌーズ時にアラームが作動します。

 

アラームが作動すればバッテリーを消費します。

 

特にスヌーズ設定を使っている場合、

アラームを止めないだけでバッテリーの消費が激しくなり、

スマホの寿命にも影響を与えてしまいます。

 

アラーム自体をオフにすること。

これも非常に大切だと言えますよ。

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Androidでアイコンを隠す!】誰からもバレない非表示設定の方法

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのイヤホンジャックが故障した【0円で自力で修理する方法】

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】おやすみモードが実は存在した!

⇒Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が

⇒【疑問に回答】アンドロイドから変な音が出る時の解決策

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ