【これで完ぺき!】メールのccとbccの違いをわかりやすく解説

こんにちは、モガです。

今日はメールのccとbccについて取り上げます。

 

パソコンから…

あるいはスマホから…

私達は日常的にメールを使います。

 

SNSが普及したとはいっても、

メールは今でも多くの人が使っています。

 

ライトな感じで伝えたくない時は

SNSよりメールの方が良いですし、

会社での連絡もまだまだメールが基本です。

丁寧さや誠実さを文章で表すことができますよね。

 

さて、今回はメールを使っていれば、

誰しも一度は疑問に思うテーマを取り上げます。

ccとbccの違いって?

スポンサードリンク

メールを送る時、

宛先の欄に「cc」と「bcc」が表示されますよね。

 

普段は「to」の欄に送信相手のメールアドレスを入力しますが、

この「cc」と「bcc」はどんな意味があるのか?

そして違いは何なのか?

 

誰しも一度は疑問に思うテーマでしょう。

 

ccもbccも共通しているのは、

to欄に記載したアドレスの人以外にも

ccとbccに記載した人には同じメールが送信されるということ。

 

一度に複数の宛先に送信する場合、

ccやbcc欄を使用します。

 

またtoとccとbccの位置づけですが、

 

to欄の宛先は「あなた宛のメールです」という意思表示。

cc欄の宛先は「to欄の宛先に送ったので、念のために確認してください」という意味。

 

例えば仕事であれば、

担当者同士をto欄に記載し、

担当者の上司をcc欄に記載するのが一般的です。

 

cc欄に記載された人は返信こそしないものの、

メールを確認しながらミスがないかチェックすることができます。

 

「このやりとりは上司も確認していますよ」

という印象を相手に与えられるので、結果として好印象につながりやすくなります。

気になるbccの意味とは?

スポンサードリンク

ちなみにccとは「carbon copy」の略で、「複写」という意味、

そしてbccとは「blind carbon copy」の略で「複写を隠す」といった意味があります。

 

bcc欄に記載されたアドレスは、

他の人には表示されません。

 

送信者のみが知る情報で、

受信者(to、cc欄いずれも)には一切表示されないのです。

 

・念のために上司にメールを送りたい時

・内緒のやりとりをしている時

・自分の別アドレスにも送りたい時

・大量の送信先があって、受信者に大量に表示されるのを防ぎたい時

 

などにbccのメールを使ったりします。

 

ただしbccをむやみやたらに使ってしまうと、

受信した側も何の意図があるのか詮索してしまうかもしれません。

 

そのため、bccの乱用は個人的には避けた方が良いと感じています。

 

あるいは「一斉送信のためbccにて送信します」と本部中に注釈を入れるのもマナーですね。

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Androidでアイコンを隠す!】誰からもバレない非表示設定の方法

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのイヤホンジャックが故障した【0円で自力で修理する方法】

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】おやすみモードが実は存在した!

⇒Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が

⇒【疑問に回答】アンドロイドから変な音が出る時の解決策

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ