【まとめ】アンドロイドのバージョンアップを無理やり行う方法

こんにちは、モガです。

今日はAndroidのバージョンアップについて取り上げます。

 

アプリをインストールする際に、

「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」

と表示されることがありますよね。

 

せっかく使いたいアプリがあるのに、

バージョンが古いから使えないのは、

何だかモヤモヤしますよね…

※私も経験があります

 

ですが諦め切れず、

「何とかしてアップデートできないか…」

と方法を探したことがあるかもしれません。

Androidのバージョンアップを無理やり行う方法

 

まずオフィシャルな結論をお伝えすると、

Androidをバージョンアップする方法はありません。

 

各機種ごとにAndroidがインストールされており、

機種が新しくなればなる程、

インストールされるAndoridも最新版になります。

 

そのため自分で機種変更をしない限り、

最新版のバージョンのAndroidを使うことはできません。

 

かなり長い年数Android端末を使っている様なら、

機種変更を検討しても良いタイミングだと思います。

…とここまでがオフィシャルな方法。

実は「無理やりバージョンアップする方法」も存在します。

 

ただし注意点としては、

あくまでも「無理やり」のバージョンアップです。

 

スマホが故障する可能性もそれなりにありますし、

一時的にバージョンアップに成功しても、

ウイルスが侵入したり後で不具合が発生する可能性もあります。

 

無理やりバージョンアップさせる方法をお伝えしますが、

あくまでも「自己責任」のもとにやってくださいね。

※私は一切の責任を負いません

AKPファイルを使ってバージョンアップ

 

AKPファイルというものを使うことで、

無理やりバージョンアップさせることはできます。

※AKPファイルとはAndroidアプリの本体のことだと思って下さい

 

方法としては、

まずはインストールできなかったアプリにアクセスし、

URLをコピーしてください。

 

その後、「apkpure.com」というサイトへアクセスし、

検索窓の中に先ほどコピーしたURLを貼付けてください。

 

すると「Download APK」という文字が表示されるので、

このボタンを押して下さい。

 

ここまで来れば後はもう少し。

その後の画面で表示される「インストール」

というボタンを押せば完了です。

ここまでの作業を終えてから、

インストールできなかったアプリの画面に戻って下さい。

 

「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」

という文章が消えて、インストールできる様になります。

 

なお繰り返しますが、

この方法はオフィシャルなものではないため、

自己責任で行って下さいね。

 



このページの先頭へ