スマホの動作が遅い原因と解決策を3分で解説!

こんにちは、モガです!

 

今日はスマホを使っていて

誰しも1度は感じたことのあるテーマを取り上げます。

 

私はAndroidのスマホを使っていますが、

「動作が遅いな…」と感じることが時々あります。

アプリを起動するまでに時間がかかったり…

ネットがなかなかつながらなかったり…

あるいは途中で画面が固まってしまったり…

 

これはかなりのストレスですし、

「何とかならないのか…」と嘆いていました。

 

一時期は機種変更も真剣に考えたのですが、

機種変更せずとも対策次第でこの現象は解決します。

 

なぜスマホの動作が遅くなってしまうのか。

そしてどうすれば解決できるのか。

この記事で解説します。

スマホの動作が遅くなってしまう原因と解決策

 

まず最初に疑って欲しいのは「電源の付けっぱなし」

 

当たり前ですがスマホも電子機器。

何日も電源を付けっぱなしにしていると、

それだけスマホ本体に負荷がかかってしまいます。

 

その結果、動作が遅くなる不具合が発生しやすくなります。

 

特にスマホをアラームとしても使っている人の場合、

1日中電源を付けっぱなしにしていることはよくあります。

 

解決策としては電源を切ること。

半日近く電源を切っておくと理想的ですが、

スマホを頻繁に使う人はそうもいかないでしょう。

その場合は、再起動をしてください。

一度電源を切るだけでも、スマホにかかっていた負荷は軽減されます。

 

私も再起動はもちろん、

翌日にアラームをかける必要のない日に関しては

夜中にスマホの電源を落とす様にしています。

 

これを意識して行っただけでも、

動作に関しては劇的に改善されました。

一度に複数のページを開いている

 

次に考えられるのが「一度に複数のページを開いていること」

 

ネット、アプリ、メール、写真、動画…

 

画面を消すのではなく、

ホームボタンを押してホーム画面に戻り、

新たな画面を立ち上げていると、

複数のページが同時に立ち上がっていることになります。

 

これもスマホに負荷を与え、動作を遅くする一因になります。

一度立ち上げたページは消す。

この意識を持つだけでも、動作環境は改善されます。

 

内部ストレージがたまっている!

そして次に考えられるのが「内部ストレージ」

要するに、スマホの容量ですね。

 

写真や動画、アプリなどが蓄積されると、

スマホの容量が満杯になってしまいます。

 

容量が満杯に近づくほどに、

その分だけ動作も遅くなります。

 

さらに最悪なのが、

容量が満杯に近づくほど、

新たに写真が動画を保存したりアプリのインストールができなくなります。

解決策としては内部ストレージを定期的に削除すること。

不要な写真や動画、アプリを削除することです。

 

なお内部ストレージはスマホを使っているほど、

勝手に蓄積されてしまう部分もあります。

 

データのバックアップを自動的に取る場合、

スマホの容量も自動的に蓄積されてしまうんですよね。

 

自分では気づきにくい内部ストレージの削除方法は、

以下の記事で画像付きで解説していますので、

合わせて読んでみて下さいね。

⇒Androidで内部ストレージがいっぱい(涙)すぐに空ける方法を公開!

 

それでも解決しない場合は?

・電源を切ること

・複数のページを立ち上げないこと

・内部ストレージを削除すること

 

基本的にはここまでの方法を試していただければ、

スマホの動作が遅い現象は改善します。

 

とはいえスマホは使用年月が長くなるほど、

動作の遅さが目立つ様にもなります。

 

あまりに長い間、同じスマホを使っている場合は、

機種変更も検討しても良いかもしれません。

またここまでの方法を使っても改善しない場合は、

スマホの本体に問題があるかもしれません。

必要に応じてショップへ行き、店員さんに相談しても良いでしょう。

 

ただし私はショップへ行くことなく、

ここまでの方法を使って動作の遅さを解決して来ました。

 

まずは今回紹介した方法を試してみてくださいね!



このページの先頭へ