Androidがヌルサク使える!動作が一気に速くなる方法

こんにちは、モガです!

今日はAndroidの動作環境について取り上げます。

 

私はAndroidもiPhoneも使っていましたが、

iPhoneと比べてAndroidの方が動作がカクカクしていると言われています。

 

もちろん人によって感じ方は様々なでしょうが、

私自身は「カクカク感」を感じる方です。

 

普通に使う分には困らないものの、

どうせならヌルサク感を感じて操作をしたいです。

 

そこでこの記事ではAndroidをヌルサク使える様になるための方法を解説します。

 

・動作をより速くする方法

・遅くなった動作を戻す方法

この2つの視点から解説しますね。

Androidをヌルサク使える様になる方法

 

まずは「動作をより速くする方法」です。

ホーム画面から「設定」ボタンを押してください。

 

下の方に「開発者向けオプション」というボタンがあります。

このボタンを押して下さい。

 

すると多くの項目が表示されますが、

「描写」という項目までスクロールしてください。

 

「ウインドウアニメスケール」

「トランジションアニメスケール」

「アニメーター再生時間スケール」

 

この3つの項目が表示されますので、

それぞれ「0.5倍」に設定してください。

これで設定は完了。

以前よりもヌルサク感を感じられます。

 

もし変更後に使いにくさを感じたら、

設定を「1倍」に戻せば元の状態にいつでも戻せます。

遅くなった動作を戻すには?

 

スマホの動作が遅く(重く)なるには、

いくつか原因があります。

 

これらの原因を解消していくことで、

動作が遅い状態を解決できるのです。

まずは「何日も電源を付けたままにしていること」

 

スマホも電子機器ですので、

電源を付けたままにしていると負荷がかかります。

 

夜間にアラームとして使っている場合は、

電源を切らないのが普通の状態になっているかもしれませんね。

 

電源を付けたままにしていると動作も遅くなります。

定期的にスマホの電源は切る様にしてください。

次に考えられるのが「内部ストレージ」

 

画像や動画、アプリをインストールしたことで、

スマホ内の容量がいっぱいになることで、

動作も遅くなってしまうのです。

 

解決策は内部ストレージの削除。

詳しくは以下の記事で画像付きで解説しています。

⇒Androidで内部ストレージがいっぱい(涙)すぐに空ける方法を公開!

 

ちなみに内部ストレージについては、

削除しなければ新たなデータを保存できないので、

スマホを使う上でも支障が出てしまいます。

 

定期的に不要なデータを削除する様にしてください。

あとは「アプリを複数起動させていること」

 

アプリを閉じずに起動させたままにすると、

その分だけスマホに負荷がかかってしまい動作が遅くなります。

 

ホームボタンで戻るのではなく、

使っていないアプリは閉じることを意識してください。



このページの先頭へ