Androidのバッテリーが熱い原因と解決策を公開!

こんにちは、モガです。

今日はAndroidのバッテリーについて取り上げます。

 

「Androidのバッテリーが熱い」

 

スマホを使っていれば誰もが1度は、

こうした想いを抱いたことがあるんじゃないでしょうか?

 

時には長時間持っていられないほど熱くなったり、

「スマホ内部で故障が発生したのでは?」と心配になることもあります。

 

・なぜAndroidのバッテリーが熱くなってしまうのか?

・具体的な解決策、対処法はあるのか?

 

この記事では上記の内容を取り上げていきます。

Androidのバッテリーが熱くなってしまう原因

まず当たり前ですが、

スマホを長時間使っていればその分だけバッテリーは熱くなります。

 

特に動画の再生やアプリの利用など、

一度にバッテリーを多く消耗する場合は、

余計に熱くなりやすいと考えて下さい。

 

特にスマホの使用年数が長くなるほど、

すぐに熱くなってしまう傾向があります。

 

 

これを防ぐ方法としては、スマホを使わないことです。

…と言いつつそれは無理だと思うので、

定期的に電源を落としてあげてください。

 

スマホも電子機器の一部。

電源を切らなければいつまでもバッテリーは稼働しています。

 

人間に例えるとずっと走り続けている様なもので、

疲れも蓄積されてしまいます。

 

一度電源を切ることでバッテリーを休ませられるので、

必然的にバッテリーも冷ますことができますね。

 

複数のページを同時に開いていると熱くなる

 

 

ネットやメール、アプリなど、

複数のページを同時に開いていると、

バッテリーも熱くなります。

 

同時に複数を読み込んでいる状態なので、

その分だけバッテリーを消耗するからです。

 

特にアプリを複数開いていると、

すぐにバッテリーが熱くなるので注意が必要ですね。

 

解決策としては、ページを閉じることです。

充電しながら使うと熱くなる

充電中はそもそもバッテリーが熱くなりますが、

充電しながらスマホを使っていると、

余計にバッテリーに負荷がかかって熱くなります。

 

電池が早く減るから充電しながらスマホを使う人もいますが、

バッテリーの負荷を考えると非常に危険だと言えますね。

 

バッテリーの熱さを放置すると…

 

 

確かにAndroid端末を使っていれば、

バッテリーは熱くなるものです。

 

ですが今回お伝えした対策をとらずに、

「まぁしょうがいないよね…」と放置していると、

スマホ本体の故障につながりやすくなります。

 

あるいは熱い状態でスマホを使い続けると、

急に画面が固まったり読み込みが遅くなる等の

不具合が発生する可能性があります。

 

実際、充電しながらスマホを使い続けていると、

上記の現象が起こりやすくなるという報告もあります。

 

スマホカバーがバッテリーの熱さを助長する

 

 

最近はスマホカバーを付けている人が多いですが、

スマホカバーで覆われているとその分熱もこもりやすくなります。

バッテリーの熱さを助長してしまうのです。

 

スマホカバーを付けるのであれば、

バッテリーが熱くなっている時はカバーを外して下さい。

 

絶対にやってはいけないこと

 

 

バッテリーが熱くなった時に、

冷蔵庫や冷凍庫へ入れて冷まそうとする人が一部でいます。

 

急に温度が変わるので、

スマホに故障が生じやすくなってしまいます。

 

急激に冷やすことはスマホの故障につながるので、

絶対にしないでくださいね。

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【疑問に回答】アンドロイドから変な音が出る時の解決策

⇒Androidのスクリーンショットで音を消す方法

⇒【Android編】スクリーンショット撮影時に<保存不可>と表示される原因と解決策

⇒【Androidアプリ】カメラのシャッター音を消し去るならこいつだ!

⇒【Androidココが不満】アラームがマナーモードでも鳴る原因と対策

⇒【Androidでアイコンを隠す!】誰からもバレない非表示設定の方法

⇒【Android版】絵文字が文字化けした時はこの方法で直せばOK!

⇒Androidのイヤホンジャックが故障した【0円で自力で修理する方法】

⇒Androidのアラームでスヌーズを使っても起きれない場合の裏ワザを紹介

⇒【Android版】おやすみモードが実は存在した!

⇒Android版】機内モードにすればLINEで既読がつかない!でも落とし穴が


このページの先頭へ